ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
透明度:SC(サンセットクルージングレポート)水温は気温。
 

7/30  今朝は雷で目がさめる。一向に天気良くならない。この5日間クイーンザマミ一度も運行せず.
     フェリーが2度入れ出しをしたのみ.今日お客さん入って来れず那覇泊まり。 
7/29 台風情報.台風の返し風がふき船は全便欠航。ザマミ祭りも延期になる。ダイビングの客が居る
     サービスはダイビングに出ている。 
7/28 台風情報。台風5号の影響で26日船は全便欠航27日はフェリーが入れ出し今日は全便欠航。
      風は強くないけど明日はザマミ祭りどうなる事やら.
7/25 自分の子供&子供の友達を乗せ遊ばせる。お客さん写真うまく撮れず一日帰りを延ばしたが
     そのかいあって今日はうまく行った。台風の余波なのかうねりがある。
7/24 南風が少し強い。お客さん1人。2本目撮りたいものが取れず帰りを一日延ばす。
7/23 お客さんは常連のおじさん二人+ザマミでヘルパーをしている女の子3人。おじさん鼻の下が長い。
7/21 今日もベタナギ.座間味1周するがどこも波一つ無い。今日からサミット.ヘリコプターが船のすぐ側
     でホバーリンクし船を覗いている.2回も覗かれた。うるさくて寝てもいられない。日本の警察の
     やり方は異常すぎる。
7/20 ベタナギ.風が何処から吹いているのかも解らない。とても暑い1日だった。 
7/17 昨日の皆既月食.真っ黒になるのかと思っていたが赤いお月さんが1時間以上続いていた。お客さん
      月より酒の方が好きみたいだった。今日はお客さん1人.昼寝たっぷり取れた。 
7/16 今日は打ち上げのバーべキュウ.これから夕日を見て夜は皆既月食を見るんだと皆はりきっている。   
7/15 ダイバーは少なく家族ずれが多い。おじいちゃん.おばあちゃんも2組いるが孫と一緒に元気に
           遊んでいる。 
7/13 スタッフの話しによるとオニヒトデあまりにも多くて取っても減らない程いるとの事。今日も行くそうです。
7/12 海はべたなぎになって来た。又.オニヒトデが以上発生。昨日も仕事を終えたあと7.8人のボラン
     テイアで500匹以上とっていた。今日も又オニヒトデをとりに出かけていった。ご苦労さんです。  
7/11 海の色が濃い青で透明度の良さを表している。    
7/10 15メートル以上の風が吹きフェリー.クイーン.全便欠航。RACで入ってくるお客さんもいたがRACの船
     波が高くて迎えに行けない仕方ないので1ダイブ後迎えに行く。ハンモックに3人乗って楽しんでいたが
     1人恐怖で泣いてしまった。それを見て皆笑っていた。 
7/09 台風4号の影響でクイーンの2便.3便が欠航する。フェリーざまみが入れだしで残りの客を運ぶ。
     ダイビングに行く船もあるがザマミセーリングは休み。
     昨日の夜は常吉さんを呼んで民謡ショウ.カチャーシーとても盛りあがり大宴会。楽しい晩でした。
7/08 台風の余波がありポイント探しがつらい。
7/07 北風が吹きまだうねりが残っている。天気は真夏日。 
7/06 まだ波が高く外海には出られない。クイーン全便欠航。 
7/05 台風の余波を受けポイント探しにも時間がかかり新しいお客さんも入ってきてダイビング終わったのは
     夕日の沈む頃(7時20分)疲れた。
7/04  台風3号が近寄ってきた。座間味直撃はなさそう。
7/03   雨.風強く寒かった。
7/02  北東の風が少し強い。今日はマンタ見る事が出来た。
7/01  今朝初めてのスコール。今日はシュノーケリングのお客さんも一緒。

日付

天候   

水温(℃) 透明度(m) コメント
7.25 晴れのち曇り 28 35 昨日も今日も外海は波が高いので波の無い所で写真を
撮りに行く。自分で遊びながらピグミーの写真を撮って
いた。
7.24 晴れ 28 30 イソバナの多い場所。夏はワイドが良い。どこまでも
続くイソバナ.潜っていても気持ち良い。
7.23 雨時々晴れ 28 30 昨日ピグミーの写真うまく撮れなかったとの事で別の
ピグミーに行く。お客さん自分でピグミーを見つけられる
ようになりピグミーを泳がして遊んでいる。
7.23 晴れのち雨 28 40 回遊魚を見に行く。シュノウケリングも一緒の行動をする。
イソマグロから初まりカマスの群れ.キビナゴを狙っている
ギンガメアジ10数匹.シュノウへリングで充分満足できた
7.22 晴れ 28 25 ピグミー団地へ行く。マクロ3人.私はお客さんのビデオ.
肉眼で見ると10数匹見えるがズームすると見失って
しまう。カメラ組も同じ皆悔しがっている。最初はカメラ
持たずにピグミーの動きを観察するべきかな!
7.22 晴れ 28 40 真夏の太陽にイソバナが映える。ザマミで1.2番イソバナ
の綺麗な場所。スズメダイ.ハナゴイ.カスミチョウチョウ
ウオ.穴の中ではネムリブカ三匹。
7.21 晴れ 28 25 昼食の前に灯台下のキンメで遊ぶ。2本目かくれ根を
潜る。大物は出なかった。イソバナ.ウミウチワ.多く
透明度がほしかった。
7.21 晴れ 28 30 ウガン一周する。イソマグロ.カマスの群れ.カスミアジ.
キビナゴも多くなって来た。
7.20 晴れ 28 25 近場のイソバナを潜る。浅い所のエダサンゴ綺麗。
カメ.人を恐からず5分程にらめっこするがゆっくり泳いで
いった。その後マンタを見に行くがすぐに潜ってしまい
スキンで見せる事できず。
7.20 晴れ.風も無し 28 25 大砂漠を潜る。今年初めてなので楽しみにしていた。砂漠
の形が少し変わっていた。そのせいなのか蛍光色の
イソギンチャク移動したのか死んだのか砂に潜っている
のかわからない。ヒメギンチャクエビがついていて健在。
7.17 晴れたり曇ったり 28 35 綺麗な珊瑚と魚.静かなポイントのリクエスト。ここは
デバスズメが綺麗。キンメが着いている根からスカシ
テンジクが消えていた。赤いハダカハオコゼ色が鮮やか.
イソギンチャクモエビ大きい。
7.17 晴れたり曇ったり 28 35 お客さんのリクエストに答える。波がありドリフトになる。
群れている魚はグルクン.キンギョハナダイ.アカマツカサ
スミレナガハナダイ.カスミチョウチョウウオなど。
7.16 晴れ 28〜30 30 洞窟を潜る。光線がキラキラ.アカマツカサ.ハタンポ.
エビがちらほらハタンポの赤ちゃん固まっていてキンメ
そっくり。穴から出るとテングハギモドキの群れで私達の
周りを回ってくれた。
7.16 晴れ&スコール 28 30 エダサンゴを潜る。私はシュノーケリングを見る。水深
1〜2メートルのサンゴ青い色でびっしり生えている。
たまにはスキンも良いものだ。
7.15 晴れ 28 30 浅い所にアンカーを入れ.かくれ根を潜る。ここはオニ
ヒトデが異常発生いた場所でまだ何匹か残っているが
さんごはほとんどなく海草が生えている。イソバナ.ウミ
ウチワは元気。魚も同じく多い。
7.15 晴れ 28 30 大潮なのに透明度がいい。ヤカビの流れのない場所で
潜る。魚は少ないがサンゴの種類多い。体験もここでする
7.14 晴れ 28 30 午後からダイバーより家族ずれが多く両方楽しめる場所
へ行く。サンゴ元気で種類多い。砂地のカクレクマノミ.
キンメの根.デバスズメ綺麗で絵になる。
7.14 晴れ 28 30 クバのかくれ根を潜る。透明度&大物を求めていたが
現れず。グルクン根から遠かった。大潮明日からなので
透明度少し悪くなって来た。
7.13 晴れ 28 50 キンメポイント。船の上から30メートル下がはっきり
見える。3ヶ所とも前回とは付き方が違う。毎日でも良い
と言うお客さんの気持ちがわかる。他サメ.クロヒラアジ。
7.13 晴れ 28 30 イソバナ.サンゴポイントでのんびりダイビング。
7.12 晴れ 28 30 ここは魚多かった。タマンとギンガメ一緒に泳いでいる。
特にグルクンの数が多い。お客さんの言葉。ここは
ブルーコーナーと変らない。小物.大物人それぞれ。
7.12 晴れ 28 50 今日帰ったお客さんごめんなさい。今日は海が静かで
ミーハーダイビングをして来ました。一つのヤギに10匹
以上は付いていました。ピグミーに関しての反応は全員
つまらないとのことでした。グルクンが少し離れている
せいかイソマグロ見れなかった。
7.11 晴れ 28 40 イソバナ&魚の多い綺麗な場所。今日は透明度が良く
特に綺麗だった。
7.11 晴れ 28 40 ギンガメ&イソマグロの集まる場所を潜る。キンギョハナ
ダイも多くカスミチョウチョウウオ..グルクン群れている。
7.10 晴れ 28 25 風.波.ほとんどない場所を選ぶ。ベタナギ&浅場で
リーフ際をのんびりダイビング。私にとって安らぎの
ダイビングだった。今日のダイビングは怖かった。
7.10 晴れ 28 30 風は強いが波が静かだったのでウガンで潜る。流れなく
大物は出なかったがのんびり楽しんでいた。
7.10 晴れ 28 35 風があまりにも強いので私は船に残る。イソバナ.サンゴ
綺麗な場所。グルクン.スズメダイ多くマダラトビエイを
マンタと間違えている人もいた。
7.08 晴れのち曇り 27 20 昨日行ったキンメの場所。去年ジンベイザメを見た所。
40キロ以上を先頭にロウニンアジ5匹.ナポレオン.
ネムリブカ.キンメを食べにカスミアジ.凄かった。
7.08 晴れ 28〜26 40 透明度の良い場所を捜す。壁にそって潜って行く。
ウミウチワ.イソバナその他いろんなヤギ類がついている
カスミチョウチョウウオ.グルクン.ウメイロモドキ.カメなど
7.07 晴れ 28 20 クイーンの2便で一人入る。どこのポイントモ船が多く
防波堤の沖で潜る。ハナゴイ.アマミスズメダイ.
タテキン.サザナミヤッコ.アカククリの幼魚.ハダカハ
オコゼなど。
7.07 晴れ 28 20 深場のキンメの根。キンメ3ヶ所に着いており(いつもの
所.イシガキダイの家.すぐ横のトンネル)次回は透明度
待ち。他ミノカサゴ.ネムリブカなど
7.07 晴れ 28 20 岩場の予定だったが波が高く砂地のキンメの根に行く。
オニダルマ探したが小さいのしかいない。キンメの
つきぐあいは普通。
7.06 晴れ 27 20 波の静かな場所。イソバナの多い所に船をとめその
周辺で遊ぶ。
7.06 晴れ 27 20 波の静かな場所。デバスズメ.ハナゴイ.ハナヒゲウツボ
の幼魚.船の廻りにアオリイカの子供がよって来たが
疑似餌が悪いのか腕が悪いのか釣る事出来なかった。
7.05 晴れ 26.5 15 透明度も悪く太陽も沈みかけだんだん暗くなっ
て来た。ここに寝る魚がどんどん集まってきた。
カマスの群れもバラバラになってきた。
7.05 晴れ 28 25 魚の多い場所。イソバナも浅い所にありサンゴ
も色がついてきて綺麗になって来た。
7.05 晴れ 27 25 砂地&エダサンゴ。アカククリの幼魚.ハナヒゲ
ウツボの幼魚.ハダカハオコゼなど。
7.04 曇りのち晴れ 27 25 明日の事はわからないので岩場へ行く。うねりが
あり私は船にのこる。リーダーのお客さんも船を
心配し手伝いをしてくれた。アンカー2回もはずれ
とても助かった。台風の影響があるときはもっと
慎重にならなければ。反省。
7.04 曇りのち晴れ 27 25 台風の影響で風が強い。風下で体験ダイビングも
出きる静かな場所で潜る。サンゴ綺麗で砂地にも
大きなテーブルサンゴ。デバスズメも多くなった。
7.03 27. 25

今日入って来たお客さん。午後5時よりダイビング。
魚礁で体慣らし。カマスを食べる魚が来ないので
のんびりと自由に泳いでいる。

7.03 27 25 静かな場所を選ぶ。マダラエイ.普段は1匹で行動
しているがとても大きなマダラエイ3匹で仲良く昼ね。
砂地の根にはキンメ.スカシテンジクなど。
7.03 曇り 27 30 洞窟を潜る。イセエビ.アカマツカサ.ハタンポ.洞窟
の外は珊瑚綺麗で種類が多い。   
7.02 晴れ 27〜26 20 ウチヤカシ。ここは今年でも800匹以上のオニヒトデを
駆除しているがどこから来るのかオニヒトデ一杯。
珊瑚ほとんど無く海草が生えている。ムチヤギには
ヤマブキスズメダイ.他何種類科かの卵が産みつか
れていた。
7.02 晴れ 28〜26 35 マンタが浮く潮なのに透明度がいいのは珍しい。今日の
ダイビングはミーハーダイビング。ピグミーを見に行く。
最近.離れていてもすぐわかるようになった。一匹枝から
はずして見た。しっぽ枝に巻いているのではずすの
大変だった。それでも良く見えない.年寄りガイドはつらい
魚が凄かった。グルクンノ群れ多く.ムロアジも固まりに
なりイソマグロ.大.中.小.づっと目の前を回っている。

7.01

晴れ

26

20

500匹以上カマスが付いているがだんご状態になって
くれない。写真撮るの難しい。他小物ではニシキテグリなど。

7.01

晴れ

28

25

ウガンでシュノーケリング&ダイビング。船の側にグルクン
カスミチョウチョウウオ一杯でそれを食べにカスミアジ4匹
底の方では大きなイソマグロ15匹群れている。

7.01

スコール&晴れ

27

25

群れの魚多くシュノーケリングも楽しめる場所。ムチカラ
マツにエビの赤ちゃん一杯付いている。

 

過去のダイビング情報
2000.6
2000.5
2000.3->2000.4
2000.2
1999.12->2000.1

1999.11
1999.10
1999.9
1999.8
1999.7
1999.5->1999.6

TOPページへ