座間味のダイビング環境 Marine Report

このぺージは、座間味島が好きで もっと座間味の事を知りたい方へ,
オ―ナ―からのメッセ―ジぺージです。


ダイバーの環境問題について

  最近ダイバーが一番海中の自然破壊をしているのではないかと考えさせられる事が多くなって来た。
  海の生き物の気持ちになって接する人が少なくなっている。ダイバーが増えたのも原因だが、中性浮力の取れないダイバーが多い。魚の住家を、フィンで崩し砂で全部覆ってしまう。本人は自分の体制を取るのが精一杯なのだろうが、海の生き物にとってはたまったものではない。}

  座間味の場合は、漁協が近場のポイントの使用頻度を減らすため、同じ場所に集中しないなどをダイビングサ―ビスに、啓蒙活動をしているが、思うような効果が上がらない。現状のままだと後5.6箇所は、休息させないといけない状態になっている。

  座間味村民の生活を支えてきた良い漁場だった所から、魚が減りサンゴが無くなり、形態が変わってきた。観光立村をうたっている座間味村だがジレンマを感じる。海の生き物に対して、やさしい気持ちで接してもらいたいですね。
 
インストラクタ―は、Cカ―ドを発行する時には中性浮力を取れるようになってから、また、海の生き物に対する接し方(マナ―)を教えてほしいものです。

  ダイバ―の皆さんよく気をつけて自分の周りを見てください。
  サンゴをけっていないか砂を巻き上げていないか!


ポイントのクローズについて                         

ダイビング事業者各位
                              座間味村漁業協同組合
                                                                                          代表理事組合長金城忠彦

         ダイビングポイントの休息及び投錨の制限の協力願いについて

ダイビング人口及びダイビングサービス業者の密度が世界一といわれてる座間味村ですが、平成5年以降のダイビング事業者及びダイビング人口の急激な増加に伴い、珊瑚礁域の荒廃が目立っております。特にキンメモドキの生息場所等は壊滅的な状況であります。投錨による珊瑚礁の破壊に加えて、一極集中の高使用頻度により珊瑚礁が砂を被り死滅した場所等が多々見受けられます。

去る5月の当組合の総会において、下記の方法により珊瑚礁の保全を図りたい旨の決議がされました。勿論、全面禁漁での決議であります。

下記の場所は、周年にわたり漁場、ダイビングポイントとして利用できる場所でありますが、夏季は冬季と違い、島の周辺のポイントは全面利用が可能でありますので、素晴らしい環境を冬季に利用する為にも、是非、皆様の御理解とご協力を頂きますようお願い申し上げます。海で糧を得ているもの全員で環境を守る必要があり、また後世に残しておく必要があります。さらに、沖縄本島のダイビング業者がかなり目立ってきておりトラブルが発生しつつありますが、沖縄本島の業者との話し合いをする為にも、漁協と皆さんが海域の利用方法を決める等の協力が不可欠であります。
 
現在の休息場所は3ヶ所あります。

  2010年4月3日現在




サンゴ保全活動

 近年でオニヒトデの大量発生は2001年の暮れでした。サンゴの危機を感じ、村内のダイビング事業者が駆除を始め、翌年ダイビング協会が発足しました。1週間ごとの担当を決め強制ではなく、義務として続いています。
これまでオニヒトデは20万匹以上、オニヒトデが少なくなった今は同じサンゴを餌としているシロレイシガイダマシなどの駆除を続けています。
沖縄コンベンションビューロー特別サイト
「沖縄のサンゴ礁」に出演中
「沖縄の島は離島も含めサンゴに護られてきた島であり、サンゴがあるキレイな海がたくさんの観光客を惹きつけてくれます。
サンゴは人間が守らないと生きていけません。我々はオニヒトデを駆除したり、サンゴを食べる貝をこまめに駆除し、年間200日間、サンゴ保全活動や海の透明度を担保する活動をしております。 沖縄の海は世界に誇れる海です。ルールを守れば、アオウミガメも怖がらないで一緒に泳いでくれますよ!」


又海水温が高くなると褐虫藻が抜け出し長引けば白くなって死んでしまう白化現象にも悩まされています。
サンゴを守ると共にサンゴの増殖も行っています。数年前からネットにサンゴを付着させ増殖させる実験も成功していますが原点は今生きているサンゴを守る事です。あくまでも最悪の場合を考えての実験です。

サンゴ礁は台風など高波からの防波堤となり白い砂浜を形成し海の幸をもたらし観光としては熱帯魚が群れ沖縄へ訪れる人を楽しませてくれるとても重要な生き物です。環境問題としてもサンゴは海の森として二酸化炭素の貯蔵庫として重要な役割をしています。
これまでのサンゴ保全が認められ2005年には国際的重要海域としてサンゴがラムサール条約に登録され2007年6月には参議院でエコツーリズム推進法が成立しサンゴを守る法律が今年度中、遅くても来年には出来る予定です。

座間味海域を利用するには年間何日?の保全活動が義務づけられダイバーの人数制限も設けられる予定です。

これまでも座間味で潜られるダイバーには水中環境を守るためと安全に潜っていただく為のルールを守って頂きまして有難うございます。

 
2010年4月8日











































TOPページへ
      

ザマミセーリング

このホームページに記載されている情報及び記載文章・写真は全てザマミセーリングに著作権があります。著作権法認められた場合を除き無断での転載、コピー、転用を禁止します。
The copyright of this home page is reserved by Hideo Matayoshi. Any unauthorized reproduction of any of its content is prohibited.since 2001.4.11