座間味島の歴史 Zamami History

minsa.gif (622 バイト)

座間味島に人が住み始めたのは、縄文時代前期からといわれ、 古座間味貝塚から出土した住居形態や数々の土器、貝製品、石器等がそれを証明しています。

  琉球王国時代には、中国との進貢貿易の唐船航海路上の避難港として、風待ちの港として、阿佐地区の阿護の浦は、重要な役割を果たしてきました。 いまでも残る阿護の浦北には、唐船グムイと呼ばれる唐船が繋留した深みがあります。   また、座間味の人は海事に優れ、多くの人が船乗りとして活躍したそうです。 

 

  明治後半からは、 鰹業が盛んになり「ケラマ鰹節」は、 県内外にも名を馳せ、村は繁栄しました。昭和初期、遠く南洋群島へ出稼ぎに行く人が増え出します。 

 大正から戦前までは、鉱山の島として、 銅鉱の採掘が現在無人島の屋嘉比島、 久場島で盛んになり、 生産量は、県の99パ−セントを占めるまでにもなりました、 本土からの出稼ぎの人が多く、数百人の人が住んでいたといいます。

その後第二次世界大戦勃発。 昭和20年3月26日 「米軍初の上陸第一歩之地」として、この美しい海が水陸両用戦車で埋め尽くされました。空には戦闘機が飛び交い、家や山々は燃え、 逃げ惑う人々、息を呑み震え隠れる人々、その中で、親が子を、子が親を、夫が妻を、兄弟同士が殺し合うという、そんな暗闇での悲惨な出来事が起こりました。座間味部落の中だけでも、150人近い住民が尊い命を失ったのです。 
 平和の尊さを、この島の人々は、静かに訴えています。語るには余りにも悲しすぎる出来事を、皆多くを語る事はありません。 
 その他にも毎年6月23日「沖縄県の慰霊の日」に,座間味の子供たちへ、自らの体験や聞いた話を、 小本にして贈って下さいる方もいらっしゃいます。  今は、観光地として、美しい海、ダイビングの島としてある座間味島に、こんな歴史がある事を知ってもらいたいのです。

     以上詳しく知りたい方は、座間味村史をご覧下さい。

座間味村役場で(上・中・下巻)7000円で販売しています(在庫がない場合有り)



座間味村史

座間味村発行の正式な村史、発行は1989年。

上・中・下の三巻からなり、各巻650ページ前後から構成された非常に内容のしっかりした書物です。
村の規模から考えると驚くべきボリュームと言わざるを得ません。
  内容は、中世の中国との貿易や、明治のカツオ漁、鉱山、そして第二次大戦の終末など、国内の同規模の自治体では比較にならないほど多くの歴史が綴られています。

  一見、平和なトロピカルアイランドに見える座間味の本当の姿がそこに書かれています。ダイビングや観光で来島されるかたにも是非お読みになることをすすめます。

ペンション星砂・ザマミセーリングにあります、他の民宿にもあるかも知れません、お尋ねになってください。

 

TOPページへ



 


















































      

ザマミセーリング

このホームページに記載されている情報及び記載文章・写真は全てザマミセーリングに著作権があります。著作権法認められた場合を除き無断での転載、コピー、転用を禁止します。
The copyright of this home page is reserved by Hideo Matayoshi. Any unauthorized reproduction of any of its content is prohibited.since 2001.4.11